看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

アンパンマンの三輪車は1歳から4歳まで乗れる。親にも嬉しい機能付き

子供が初めて自分で乗るのは三輪車だと思いますが、アンパンマン大好きな時期に乗り始めるものです。

アンパンマンと一緒にお出かけ出来るとなると、子供のテンションもあがります。

うちの子は、ちょっと近所の公園に行くにも乗っていこうとしますし、車で出るのにアンパンマンの三輪車を出そうとします。

三輪車は自転車を練習する前の段階として、ぼくは重要だと思います。

関連記事*「子供の自転車の練習はいつからする?自主的に練習したくなる方法!乗り方を解説!

アンパンマンの三輪車で、楽しく練習することができます。

おでかけ三輪車ワクワクアンパンマン号

アンパンマンの三輪車には色んな種類があります。

ぼくも買う(買ってもらった)時、悩んだんですが、一番シンプルなものにしました!

サンシェードがついていたり、音楽がなるものなどありますが、いずれ三輪車を自分で操作させようと思っていたので、シンプルで操作しやすいものにしました。

ワクワクアンパンマン号のいいところ

ぼくが、なぜ、この「アンパンマン三輪車ワクワクアンパンマン号」にしたのか?

三輪車を買う際にアンパンマンの三輪車にしたのは、子供が選んだからです。

別に三輪車ならなんでも良かったのですが、子供が欲しがったので買いました。

アンパンマン大好きな子供は、なんでもアンパンマンにしたがるので、同じ三輪車でもアンパンマンがついているのと、ついていないのであれば、アンパンマンがついている方を選ぶのは当たり前ですね(笑)

でも、ただアンパンマンがついているから買ったわけではなく、いいところがたくさんありました。

アンパンマンの三輪車は足置きもあって安全

まず、この足置きが非常に安全だ。というところです。

最初に買ったのが、長男が1歳の誕生日でした。

注意
写真は長女です

誕生日プレゼントを聞かれ、前からこのアンパンマンの三輪車を欲しがっていたので、買ってもらうことにしました。

1歳ですから、自分で運転することはできないので、もちろんぼくが操縦棒を使って、運転していました。

この時ペダルに足を置いていると、ペダルが回り足を挟んでしまう可能性があります。

この足置きがあるのとないのでは、足を挟む危険が違ってきます。

アンパンマン三輪車のステップの外し方

大きくなると、自分でペダルをこいで運転するようになりますが、このステップは邪魔になります。

取り外すのは簡単です。

 

上の写真の上部についている黄色いふたつのネジを外すだけです。

これで、自分で運転することができるようになります。

注意
この足置きには注意書きで、「自分で運転する際は取り外して下さい。」と、かいているので、お子さんの成長に合わせて取り外す必要があります。

アンパンマン三輪車を自分で運転する時は安全バーは邪魔になる

ステップを外して、自分で運転するようになったら、座椅子の所についている安全バーが邪魔になってきます。

これは簡単に取ることができますので、説明します。

画像のネジを外すだけです。

MEMO
六角レンチを使いますが、ペンチでもとれるくらい柔らかいです!
注意
写真のアンパンマンの三輪車は別物で、主に長女が乗っている古い方を外しましたが、外し方は同じです。

このようにして、簡単に外すことが出来るので大きくなって自分で運転するようになったら外して下さい!

親に嬉しいハンドル付き

このハンドルで親が操作することができます。

ベビーカーのような感じで使えるので、かなり便利です。

これも大きくなったらいらないかなと思いましたが、遊びに行って疲れたと言われたら親が運転して帰れるように、つけたままのほうが良いかと思い外しませんでした。

この白いのは、ストッパーになっていますので、まだ幼児の頃には親が運転して少しでも目を離すことがあれば、便利に使えます。

後ろには、袋がついているので、近所の公園に行くときには、ボールや、砂遊びのセットなんかを入れて持ち運ぶこともできます。

最後に

この、「おでかけ三輪車ワクワクアンパンマン号」のなにが良いかというと、子供がホントに喜ぶというところにあります。

とてもうれしそうに乗り、お出かけする時に持って行けないときとかすごく悲しんだり、ほんとに「おでかけ三輪車ワクワクアンパンマン号」が大好きなんだと思います。

アンパンマンと三輪車のコラボが子供からしたら、最高にハッピーなんでしょうね。

子供の喜ぶ顔が見たかったら、このおでかけ三輪車ワクワクアンパンマン号はオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です