看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

小学校入学にかかるお金を計算してみたら結構かかることに気付いた

もうじき入学シーズンを迎えますが、小学校は義務教育といえ必要物品は自分で購入しなければなりません。

そこで、入学準備をしていていくらかかるものなのか調べてみました。

各自治体で支給されるものや、いらないものなどもあるので、参考にしていただけたらと思います。

小学校入学時に必要なもの

以前にもこんな記事を書きました!入学準備に必要なもの3選!必需品から、あったら便利のものまでまとめました

実際入学説明会の時に学校側から、入学までに買ってくださいというものや、学校でまとめて購入するもの市町村からの入学補助で支給されるもの、が書かれた用紙を渡されました。

結構揃えるものがあることに驚きつつ、いくら義務教育とはいえかなりお金がかかるものだと感じました。

入学前に揃える文具

  1. 工作マット(ねんど板とカッターマット付き)
  2. 算数ボックス・セット
  3. お道具袋・横型(体操服入れとして使うもの)
  4. ステンレス工作はさみ
  5. クレパス(20色以外でも可)
  6. 色えんぴつまたはクーピー
  7. 引き出し
  8. したじき(無地のもの)
  9. えんぴつ(2B)
  10. 消しゴム
  11. ふでばこ(えんぴつが一本ずつ入れられるタイプがいい)

以上が個人で購入をお願いされる物品です。

近くの書店で購入することにしたのですが、①~⑥はセットで売っていて、合計5230円…

⑦は保育園から卒園祝いでいただけるの予定です。

⑧~⑩は全部買っても数百円ですが、ふでばこは好みがあるのでいくらになるかは分かりません。

学校で購入するもの
算数ノートや連絡ノート、名札。すぐには買わないけど定規と赤青えんぴつも必要になります。

うちの自治体では、

  • 粘土
  • 国語ノート
  • ピアニカ
  • れんらくぶくろ

を入学補助で支給されるみたいです。

入学前に揃える体操服

各自治体によって季節は違いますが、うちは5月に体育祭があります。

入学してすぐは、気温も高くないのでジャージタイプの体操服でも大丈夫ですが、5月には気温も高くなって半袖半ズボンの体操服が必要になります。

入学時に揃えておかなければ、なりません。

夏の体操服冬の体操服を一緒に購入すると、10000円は軽く超えます。

サイズによって価格は異なりますが、10000~15000円程です。

それに上履きも必ず必要になります。

最後に

指定の体操服や自治体から配布されるものにも差がありますので、いくらですよー。とはっきりは言えませんが、大体20000円はかかります。

いやー結構高い…

これにランドセルや学習机も足すと10万円はかかりますね。

人生初の入学式ですから格好もしっかりしたものにしてあげたくて、スーツも買いましたが、出費だらけで痛すぎます。

スーツはどこで買ってもいいでしょうが、コスパならBREEZEがオススメです!

大手デパートと比較すると、フォーマルというよりはカジュアルです。

値段もこちらのほうが安く買うことができます。

あんまり堅苦しくない格好が良いという方で、なおかつ安いほうが良いという方はBREEZEで購入するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です