看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

子供の貧困が問題化!日本でも起こっている貧困の事実。

「スーパーに行けば食材が買え、蛇口をひねれば水が出る。」

こんな恵まれた環境で過ごす、日本の子供ですが実は、貧困が問題になっているのをご存知でしょうか?

周りに子供の貧困に問題を抱えているであろう家庭を、みたことがありますか?

嘘みたいですが、現実です。

「日本の子供の6人に1人は貧困である。」という、調査結果があるくらい日本には貧困を抱える家庭があるのです。

貧困の定義は

まず『貧困』の定義について知っておかないと、なんの話になるか分からないと思うので、説明します。

貧困には『絶対的貧困』と『相対的貧困』の2種類があります。

簡単に説明すると、『絶対的貧困』は、最低限の生活しか出来ていない状態、『相対的貧困』は、一般的に「普通」とされる生活ができない状態のことを指します。

もちろん日本には、「生活保護」という制度があるので、『絶対的貧困』になる可能性は限りなくゼロに近いので、日本の貧困は『相対的貧困』のことを指します。

『相対的貧困』は主に、母子家庭に多いのは言うまでもありません!

世帯収入が非正規雇用の女性だと年収300万円以下とか普通にありますからね。

母子家庭の方の話し

ワイ
日本の子供が貧困に陥ってるらしいけど生活はどう?
友人
まぁ生活出来ない事はないけど、貯金なんて出来ないし、たまに親を頼るときもあるね
貧困の事実を知るために僕は、シングルマザーである友人に話を聞いてみることにしました。

シングルマザーである友人は子供2人を育てていますが、生活に余裕はないみたいです。

また自身の服装なども、なるべくファストファッションですませ、オシャレも出来ない状況だと、語ってくれました。

ワイ
必要最低限の生活は出来ている感じだね。
友人
そうだけど、学資保険にも入れないし、将来習い事とか塾とかにも、行かせてあげれないと思うよ。
ワイ
元旦那からの養育費とかどうなってるの?
友人
もらってないよ!最初だけ!結構もらってない人多いよ。もらってないというか、もらえてない感じだけど…

友人はそこそこ日本的に有名な企業(農業系)に勤めていますが、養育費ももらえてない状況で、将来に不安を抱えているとのことでした。

共働きが一般的になってきた今の時代、母親1人の収入だとどうしても、きつい生活を強いられるようです!

最後に

5184万2000世帯のうち8.7%の約452万3000世帯が、母子家庭、あるいは父子家庭と、ひとり親の世帯があり今回は身近な『友人』に話を聞いてみて、その実態について触れてみました!

相対的貧困の何が問題になるかというと、生活だけではなく、子供の心が貧しくなるということがあるのです!

経済的に余裕がないから、夏休みに旅行にもいけないし、周りは楽しそうな思い出が作れているのに、「なんでうちだけ?」と、こういう思いをさせてしまうことになります。

友人は、親にも援助してもらえているということで、今現在は貧困を感じているわけではなかったですが、今後どういった生活をしていくかは、不透明です。

子供は無限の可能性を秘めた財産だと思いますから、こういった事実を広く知ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です