看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

子供のお小遣いはいくらあげるのがいいのか?固定よりも歩合にしよう!

子供のお小遣いは年齢によって変わってくると思います。

小学生なら〇〇円、中学生なら〇〇円…

実際いくらあげるのがベストなのか、気になりませんか?

「平均いくら」なんて記事も見たことありますが、平均額をあげる必要はないと思います。

お小遣いと言えど、お金です。

そのお金はどこから出ているのか、どのようにお金は入ってくるのか?

そこで、お小遣いの歩合制を取り入れてみる!

金銭感覚を成長させるのに、お小遣いは良い教育になるものです。

来年小学生なる息子がいるので、わが家では、お小遣いの歩合制を取り入れようと思っています。

子供のお小遣いはお手伝い報酬として与える

お金は稼ぐもの。

ワイ

金銭感覚を養うのに、お手伝いの報酬として、お小遣いを与えるのは子供にとって勉強になることです。

自分の行動に対する対価として、お小遣いをあげるとお金の価値を知る良いチャンスになります。

ただ毎月決まったお小遣いをもらっているよりも、子供にとっては価値のあるお金になります。

社会人になり、仕事を頑張れば給料が増えたり、自営業でも自分が仕事を頑張れば多くのお金をもらえるように、社会の仕組みを教えてあげれると思います。

お小遣いで欲しいものは買うようにする

ゲームにしても、おもちゃにしても、子供の欲しいものは全て自分のお小遣いで買うようにさせましょう。

これも金銭感覚に関係してきますが、自分のほしいものを自分で買うのはもちろんお金が必要です。

このお金を自分でお手伝いをしてお小遣いをもらい、そのお金で買う。

社会に出たとき、金銭感覚はとても大事になります。

無駄遣いをしないクセを、子供の時から覚えさせておいたほうが良いため、お小遣いの報酬制をすすめているのです。

ほんとに必要なものは買ってあげよう

絵をかくのが好きなお子さんには、消耗品である「紙とえんぴつ」は買ってあげましょう。

これはお小遣いで買わせる必要はありません。

好きなことにのめりこめるのも才能です。

才能を伸ばしてあげるのも親の役目だと思います。

お小遣いで買えないものは親に買わせるように教える

これは、将来役にたつかもしれない力です。

欲しいゲームがあり、お小遣いでは買えないくらい高いものもありますよね?

ただ、親が買ってあげるのではなく子供に「買わせる方法」を教えてあげましょう。

簡単に言えば、セールスさせるのです。

「そのゲームがなぜ必要なのか?」「そのゲームの魅力」、「このゲームを買わなければいけない理由」など。

営業職についたとき役立つ力だと思いませんか?

セールストークを小さい時から練習するというのは、なかなかない経験ではないでしょうか?

最後に

  • お小遣いは自分で稼がせる
  • お小遣いで欲しい物は買わせる
  • 必要なものは惜しまず買ってあげる
  • 親にセールスさせてみる

お小遣いで少しでも悩んだら、以上のことを実践してみてください。

まだうちはお小遣いを上げる歳ではありませんが、お小遣いを上げる際には必ず実践します。

実践してみてよかったらぜひ、連絡ください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です