看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

泣き虫は卒業させなくてもいい!子どもはなぜ泣くか考えましょう。

うちの子は人の子よりも、泣き虫だけどどうして?

こんな悩み抱えたことありませんか?

他の子は保育園に送っても、素直に行くのに、うちの子はダダをこねる…

うちの3人目もそうでした!

でも、いざ保育園に行くと、友達と楽しそうに遊んでいると、保育士は言います(笑)

子どもは泣いてストレスを発散したり、自分の不満を吐き出しているので、よく、泣く子のほうが泣き上手なだけです!

お子さんの気持ちを分かってあげるだけで、ママやパパの気持ちも楽になりますよ!

泣くことでストレス発散している

子どもによって、いっぱい泣く子と、あまり泣かない子にわかれますが、泣くことはストレス発散になります。

いっぱい泣く子は、ストレス発散が上手な子なんです!

小さい子供は生まれつきによる個性による、個人差が大きいものです。

ママやパパとのバイバイも平気な子は全然平気ですし、逆に、繊細な子はこの世の終わりかのような、泣き方をします。

でも、泣ける子は『安心』なんです。

泣くという行為じたいはストレスを溜め込まないために、必要なことです!

不安な気持ちをしっかり吐き出せる子は、かえって気持ちの切り替えが早い傾向にあります。

だから、保育園に送って泣いていても、泣いたら満足して、ママの姿が見えなくなると泣き止んだりします。

泣いた時は思いっきり泣かせてあげよう

「よしよし、泣いてもいいよ」と、抱きしめてあげて下さい。

子どもは安心して、いっぱい泣きます。その分、泣き止んだ後の気持ちは晴れやかになります。

もし、時間があるのならば、泣き止むまで付き合ってあげるのがベストですが、そうでない場合(時間が無い場合)は保育士におまかせしてしまいましょう!

小さい子供も直感的にママの事情は分かるもの。

心のなかでは「いってらっしゃい」と、いってくれていると思いましょう。

最後に

『子どもは決してママを責めるために、泣いているのではないということ』

「私も頑張るから、愚痴ぐらい言わせろー」という気持ちなんです。

しかし、泣かれては申し訳ない気持ちになってしまいますので、ママも思い切り泣かせてあげて、子どもが満足するまで付き合いましょう!

むしろ、泣かないで自分の気持を我慢している子どものほうが、不安な気持ちをずっと引きずってしまい、保育園で問題行動を起こしてりしてしまいます。

  • 友達に乱暴が多い
  • 指しゃぶりがひどい
  • 物を口に入れる
  • かんしゃくやワガママがひどい
  • 一人遊びばかりしている
  • こういったことがある場合、ママとのバイバイを引きずっている可能性もあります。

    そんな子どもは、泣けるようになるとピタリと止まることがあるのです。

    「子どもは泣くのが仕事」とは、昔の人は、よくいったものです。

    泣きたい子どもはいっぱい泣かせましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です