看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

妻の妊娠中に夫が出来ることをまとめてみました!良好な夫婦関係を築こう

ブログのタイトルにもなっている通り、僕は3児のパパです。

今まで、妻が妊娠することが3回ありました。(あたり前かっw)

男は妊娠することができませんので、もちろん妊娠の辛さも分かってあげることもできません。

つわりなんか見ていると、きついというのは明らかですね。

僕の考え
夫婦は共に支え合って生きていく、人生のパートナー。

妻が妊娠中にできないことは、ぼくがやる。

これが決めてというわけではありませんが、いまだに夫婦仲はいいです。

子供が産まれると今まで以上に、夫婦の時間はなくなります。

この記事では、「夫婦仲を良好に保つために妻が妊娠中に夫ができること」を、テーマに体験談を交え、書いていきます。

妻が妊娠中に辛いことはなにか?できないことはなにか?

男というのは鈍感です。

妻が妊娠中に辛いことに気づいてあげれないものです。

だから、僕はいつも「なにかしてほしいことはない?」と聞いていました。

なかなか気付いてしてあげれないので、「自分から聞くのが一番早いんです。

そこで、なにもしない、なにも聞かないでいると、「なにもしてくれない」と不満がたまります。

まずは自分から気づいて行動!

これがベストです。

そうは言っても、なかなか行動に移せないかと思いますので、僕が実際に行ったことを紹介します。

妊娠中の掃除は大変

妊娠中にお腹が出てくると、特にお風呂掃除は大変になります。

スポンジで洗っているわが家では、かがんで浴槽の底を洗うには、妊娠中のお腹ではできません。

だから、お風呂掃除は率先してしていました。

今では、お風呂掃除が僕の仕事に定着していますw

これは、考えたら簡単なことじゃないでしょうか?

こんな簡単なことでもいいんです。

手伝うことに意味があるのです。

これは妻に聞くと、「妊娠中に一番助かったこと」と言っていたので、間違いないはずです!

床を拭いたりも大きなお腹ではきついですから、掃除はホントに助かるみたいです。

気分転換にドライブに行く

妊娠中というのは、精神的に不安定です。

うちは妻の実家と家が近い関係もあって、妊娠中は実家に帰っていました。

そうすると、買い物に出ることもなく一日中家で過ごすことが多くなりました。

一日中家にいては気も滅入りますね。

だから、僕の休みにはドライブに行ったり、必ずどこかに行くようにしていました。

ストレスは体に毒です。

妊娠中というのは一人の体ではないので、『体に悪い=胎児にも悪い』となるので、気分転換というよりもストレスは発散は大事です。

2人目3人目の妊娠中は子供と夫だけで出かける

休みの日に子供を連れ出して、遊びに出かけてあげるのも妊娠中にはなかなか、できません。

ママは24時間体制で子育てをしてくれています。

たまの休日には、パパ1人で子供を連れ出して遊んであげて下さい。

ストレス発散が大事だと言いましたが、ママが1人の時間が取れることもストレス発散になります。

子供もパパと遊べて楽しいので、一石二鳥ですよね。

妻の妊娠中は今いる子供とパパの、絆を深めるのに大切な時期だと思いますので、たくさん遊んであげましょう!

まとめ

今回のポイントは

  • 掃除を進んでやる
  • 気分転換を図り、ストレス発散する
  • すでに子供がいるのであれば、パパは全力で遊ぶ

これを意識するだけで、夫としての株があがること間違いなしですw

株があがることが目的ではなく、あくまでも、思いやりの心で「妻ができないことを代わりにする」というのが、本質なので感謝を求めてはいけませんね。

記事冒頭でも書いていますが、夫婦はパートナーです。

共に生活している仲間が困っているのであれば、助けるのは当然です。

家事ができない夫なんて時代錯誤もいいところです。

夫が育児に参加したほうがいい理由。もし妻が事故や病気になった時何も出来ませんよ

夫婦関係がよくないと、産まれてくる子供に悪影響です。

夫は出産の辛さや苦しさがわからないので、せめて出来ることをやる。

これは最低限必要なことではないでしょうか?

家事育児を夫が進んで行い、良好な夫婦関係を築いていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です