看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

産後クライシスの解決方法は、「理解」すること!悩まず周りを頼りましょう。

産後クライシス」という言葉をご存知ですか?

産後において、ママのイメージとは異なった生活になり、またホルモンバランスの乱れからストレスがたまります。

それに対して夫である父親は家事や育児をママに任せっきりで、産前の生活をそのまま続けがちです。

そこで夫婦間に大きな溝が出来てしまうことをさします。

解決方法は、「祖父母に赤ちゃんの世話を頼んだりして、ママの精神的負担を軽減すること」これが大事になります。

あくまで精神的負担の軽減が目的であって、パパが赤ちゃんの世話をするのでもかまいません!

ママからの働きかけが大事

新生児の育児を担うのはママであることは間違いないでしょう!

そこで、パパは甘えて自分の好きなタイミングでしか、赤ちゃんにかかわらない事が多いのではないでしょうか?

初産の場合ママもパパも初めての経験です。

そして右も左もわからないまま、ママは手探りで育児を頑張っているのです。

悲しいかな…男にはこれが理解できる人が少ないのです。ですから、産後クライシスが起こるのかもしれません。

実際1人が産まれてすぐの僕は、子供よりも自分優先での生活が抜けていないままでした。

赤ちゃんが泣いていて、ママがあやしていても知らんふりをしていました。

ママ
少し疲れたから、変わってくれないかな…
ワイ
「どうせ僕がしても、泣き止まないから任せておこう!」

このようにして、お互いに理解のズレが生じてしまいます!

ママが育児をしているなら、パパは家事をすればいいのですが、なかなか動いてくれるパパは少ないのではないでしょうか?

ホントはパパが気づいて育児や家事を分担して行えればベストなんですが、なかなかそうはいかない家庭が多いのではないでしょうか?

ママからの働きかけによって、育児や家事をしてもらえるようにすれば、ママ自身の負担軽減に繋がります!

念のために言っておきますが、「男が気づいてやれ!」っていうのが、本来の姿ですが、出来ないなら伝えてあげて下さい!

それがママのためにも大事です。

パパは産後すぐのママの言葉は気にしてはならない

これは変な意味で言っているのではありません!

産後のホルモンバランスの乱れ、ストレスから普段とは違う精神状態であることを知ってあげていてください。

時にはすごい暴言を吐かれるかもかもしれません。しかし、それが本心ではないこともあります。

僕も長男が産まれて1ヶ月くらいは、めちゃくちゃな扱いをされました。

  • 「もうほんとにあんたなんていらない」
  • 「仕事から帰ってこなくていい」

よくこんな事をいわれたものです(笑)

しかし、妻は「なんであの時あんなこと言ったか分からない…」と、言っていました。

これが本心なんでしょう。

看護師という職業柄ある程度、産後うつやホルモンバランスの乱れからくる精神状態の変化など知識がありましたので、ひどい言葉にも柔軟な対応が出来たと思っています。

でも、傷つかないわけがありません。そこで言い返したり、ケンカになると、ますますママにストレスがたまり、いい方向に向かわないのも事実です。

寛大な心で許してあげて下さい!

うちの場合外に出たがりの妻が、外に出れないことがかなりのストレスだったみたいで、1ヶ月経って外に出れるようになると、途端に人が変わったように元に戻りました。

なるべくストレスを溜めないように気づかうことで少しは軽減するかもしれませんね!

まとめ

産後クライシスは子供の成長にも、大きな影響を与えると考えています。

夫婦に笑顔がたえない家庭のほうが、子供も安心して暮らせますから、夫婦仲というのは大事です!

夫婦といえど赤の他人ですから、全く合わないこともあるかと思います。

産後のホルモンバランスが不安定な時期に、パパが期待に添えない感じだとママのストレスもたまる一方です…

そこで、大事なのがお互いが理解しあい、思いやりをもって接するということです。

赤ちゃんの世話もですし、家事もお互いが負担しあわなければなりません。

いきなり料理なんて出来るわけありませんから、お風呂掃除とか、皿洗いとか出来ることをする気持ちをもって下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です