看護師として働く3児のパパの書く育児ブログです。プロフィールはこちらからも見れますよ。

トイレトレーニングにはおもらしはつきもの!中々出来ないのは環境のせい?トイレトレーニングをする際の心得!

子供のトイレトレーニングは避けては通れない道です!

保育園に通っていると園でもおまるに座らせてみたり、トイレに連れて行ってくれたりしてトイレトレーニングをしてくれます。

しかしトイレをするのは保育園だけではありません。

もちろん家でもトイレにはいきます。

そこで、家でトイレトレーニングを行う際の注意事項や方法を紹介します。

ここでも重要になるのは失敗しても叱らないことです

子供は失敗したことを気にしています。

「怒られるんじゃないか?」不安な気持ちになっている所で更に怒ると、ますますトイレトレーニングは成功から程遠くなってしまいます。

成功できた時はこれでもかというほどに褒めてあげて下さい!

そうすることによって自信につながりますし、自ら尿意や便意を訴えてくるようになるでしょう!

トイレトレーニングの方法

一般的には子供に尿意や便意を聞いて、訴えた場合トイレに連れて行く。排泄する。

この一連の動作を繰り返していくことがトイレトレーニングの方法になるかと思いますが、もっと効率がいい方法がないかと考えました。

そこで思いついたのが、あえて失敗させるということでした。

トイレトレーニングを始める時期は特に決まってないかと思いますが、話が出来るようになって始めることを前提に話しますが、一度失敗させてみました。

おむつを付けずに普通のパンツを履かせて、そのまま生活させてみておもらしさせてみたのです。

そうするともちろん子供は悪いことをしたとバツの悪そうな顔をしていました。

しかしそこで怒らず、「おしっこが出る時は教えてね。」と伝えました。

子供もおしっこを漏らしたら不快な気分になります。

だから次は失敗しないようにと努力するようになります。

この経験を繰り返しトイレにいくことを癖つけることでトイレトレーニングに成功しました。

トイレトレーニングの環境はどうする?

トイレトレーニングに環境は大切です!

最初はおまるを使って行う場合が多いと思いますが、僕はおまるは使わずにすぐに、便座でさせました(笑)

おまるを使うとおまるでしかできなくなると聞いたので、せっかく買ったけど使わない選択をしました。

そして、なによりも後片付けが面倒くさい!ww

僕の子供はみんなトイレですぐに出来るようになりました。

最初は嫌がりますがすぐに慣れるものです。

根気よくトイレ誘導してあげることが、おもらしの防止にもなりますし、子供の自信にもなります。

おもらしした時の対処法!

関連記事おねしょを繰り返す5歳児は「おねしょ」ではなく夜尿症という病気かも?

トイレトレーニングを始めた頃から寝る時もおむつを外すことはないと思いますが上記の記事も参考にして下さい!

今までおむつでしていたおしっことかをいきなりトイレですると言うのは、子供にとっては洋式便座で慣れた私達が和式便座を使うくらい違うものです。

排便するのにうまく力めないとか、便座の外におしっこが出てしまうとかよくあることです(笑)

こういった場合も決して怒らないで下さい!

怒ってしたら子供は萎縮してしまいます。

ですからいつまでたっても「おしっこがしたい」と訴えにくくなります。

これでは本末転倒です!

まとめ

トイレトレーニングは子育てのなかでも難易度が高いものだと思います。

もちろんいきなり出来るものではありません少しずつ徐々にしかやっていけません。

トイレトレーニングのポイントは

  1. 怒らない
  2. おまるは使わない
  3. こまめにトイレに連れて行く

以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です